看護師体験談《ずっとお礼が言いたかった》

看護師やってて良かった!Part1

 

◎私は新人から手術室に勤務している7年目の看護師です。
患者さんと接したいのに、病棟に移動させてもらえず、「こんなとこ(手術室)に看護はない!」って、ずっと思ってました。
この間、発達遅滞の20歳の患者さんの歯科の全身麻酔手術につきました。
体格は20歳の男性、精神面は子供の患者さんで、治療や手術の認識はありませんでした。
いつもと違う部屋に連れていかれて、怯えきった表情で、手術台の上で力一杯暴れ始めました。
みんなで体を抑え、みんな抑えることで必死でした(・_・;)
私は抑えながら、「大丈夫だよ」と声をかけ続けてました。
麻酔覚醒時も、怯えている患者さんに声をかけ続けました。その手術は無事に終了し、患者さんは術後の病棟へ退室されました。
その後、別の患者さんの術前訪問へ行くと、隣のベッドのご家族が、「○さんですか?」と言われたんです。患者さんと接する時間は少なくて、顔や名前は覚えてもらうことがなかったので、驚きました。
そして、患者さんの顔を確認すると、歯の手術を受けた患者さんでした。
そのご家族が、「この間、うちの息子の手術について頂いて、ありがとうございました。お会いできて、よかった。どうしても、息子があなたにお礼が言いたいって、ずっと言ってたんです。あなたが優しく接してくれたから。」、患者さんから「○さん、ありがとう」と言われました。
この7年間、顔すら覚えてもらえず、患者さんと接することがほとんどありませんでした。
自分がしてきたことは看護じゃなくて、技術ばっかりと思っていました…そんな私に、こんな嬉しい温かい言葉を患者さんとご家族から頂けるなんて、一瞬で「看護師になってよかった!手術室にもちゃんと看護はあるんだ!」と涙が出そうになるのを必死に堪えました。本当に嬉しかったです。
今は、手術室看護に誇りをもち、患者はさんのために、日々精進してます!
患者さんから頂いた言葉は、宝物ですね。

 

 

◎看護師5年目です。
入院して一年になる患者さんに、言われた言葉が
とても、嬉しくて心に残っています…

 

半年前、一次的な失語症になったり状態が不安定になったりで
重症部屋に入っていました。
CVも入り、Baも入り、NIPPVの24時間装着、見た目にもしんどそうにしていた患者さん…何回も入院を繰り返していたけど、今回はもう帰れないかな、という状態でした

 

私が夜勤の時、『あのね、私ね、その……』と話し始めたのですが、続きの言葉が出ず
夜中ずっと繰り返して『何か』を訴え続けました。
明けで帰れる時間になっても、患者さんの言葉が出てこないのですが、どうしても続きが聞きたくて
ベットサイドで、待ちました。その『』以外の話はスムーズに話せるのに、『』の続きが出てこない…
結局、昼まで居て聞けませんでしたが、私が帰る時 、患者さんが一言
『私が世の中とバイバイする時、あなたに感謝するわ』
と、言われました

 

看護師になって、初めて患者さんの生と死の狭間にいるんだな、と感じました 5年目にして…と言うカンジですが…。
そして、その患者さん
今は、ルート類全部取れて、リハビリなんかも始まりました!

 

筋力低下もなく、
離床もスムーズで、みんなビックリ!

 

人の生きる力って、ほんとスゴイですね

 

看護師専門転職サイトおすすめランキング第一位!


ランキング第一位看護のお仕事

ポイント

希望以上の働きやすい職場が見つかる!
看護のお仕事
キャンペーン情報

転職支援金最大5万円プレゼント

看護師さんの状況を一番に考えてサポートしてくれるのは「看護のお仕事」

親身にカウンセリングを行い、その結果に応じて求人を選んでくれるので、意思疎通をきちんと図ることが出来ます
群馬県内の非公開求人も豊富に取り揃えており随時更新中なので、早めにチェックしてこれだ!というものがあればすぐにコンサルタントさんに相談しましょう♪
22時でも電話相談OKだから忙しい方でも安心して転職準備を進められます♪

また、場合によってはお仕事を紹介しないことも。これも看護師さんのライフプランニングに重点を置いているため!
初めて転職する方には特に便利でオススメなサイトですよ〜!
まずは3分の無料登録からスタート★

詳細はこちらから

募集地域 全国
利用料 完全無料
特徴 経験豊富なコンサルタントがとことんサポート